ダイヤモンドのカッティング

光で変わる美しさの芸術

サイト項目

光の美しい分散を得る4Cの価値についてのダイヤモンド買取ガイド

ダイヤモンド買取ガイドなのですが、ダイヤモンドの基礎知識としましてダイヤモンドの4Cという言葉があります。 この4Cとはダイヤモンドの個性を表しておりまして、ダイヤモンド買取の専門家にとりましては必須の知識ということになります。

4Cは文字通り四つのCを表しており、カラー、クラリティ、カット、カラットの頭文字が語源となっております。そしてこの4Cのコンビネーションによりましてそれぞれダイヤモンドの特徴が表現されて、価値や価格に反映されていくものでありますので、ダイヤモンド買取の専門家は正確な知識を有する必要があります。

まず、そのカラー評価なのですがいくつかのダイヤモンドを比較して見ますと、完全に無色の物から薄い黄みがかったものまでカラーに差があるものであります。この場合、無色に近い物ほど美しい輝きを放ち価値があるとされております。このカラーグレードは非常に微妙であり、素人ではなかなか見分けをつけるのは難しく、標準石を使用することによりましてカラーグレード判定の専門家が鑑定していくものとなっております。

次にクラリティの評価なのですが、これはダイヤモンドの透明度を表すものでありまして、ダイヤモンドが微量含んでおります内包物の色や大きさ、数などによってそのグレードが鑑定されるもので、当然内包物が少ない方がグレードが高く、比例して価値や価格が高いということになります。最近では最新の技術によりまして、クラリティのグレードを上げる方法が開発されておりまして、それはレーザー光線を使用することにより黒色の内包物を除去する方法であります。また、高屈折ガラスの充填処理方法もありまして、これもクラリティのグレードを上げる方法として採用されております。ただし、気をつけておかなければならないのは、これらのクラリティを改変する処理を施したダイヤモンドは、その価値自体が大きく損なわれてしまうこととなりますので注意が必要になりますし、特にダイヤモンド買取の専門家はこの改変があれば、買取時に見抜く必要があるとされております。

それからカットの評価なのですが、これは熟練したカット職人の技術による部分でありまして、バランス良くカッティングされたダイヤモンドは美しい光の分散で光がパフォーマンスになることにより、そのダイヤモンドの価値が最大限に高められるというものであります。ダイヤモンド買取の専門家はプロポーション要素などからグレード分けされたものを評価基準としております。最後にカラット評価でありますが、1カラットが0.2グラムということになりまして重いほど価値と価格が高いということになります。

Copyright(C)2014 ダイヤモンドのカッティング All Rights Reserved.