ダイヤモンドのカッティング

光で変わる美しさの芸術

サイト項目

ダイヤモンド買取りでは直径が価値を決める

ダイヤモンド買取りを考えた時に、どのくらいの価格で買い取ってもらえるのかが気になるところでしょう。ダイヤモンドと一口に言っても一概ではないため、質の高いダイヤモンドほど当然、買取価格も高くなります。 では、ダイヤモンド買取りにおけるその質をどうやって見極めるのかチェックしてみましょう。

ダイヤモンドの価値は4Cで決まると言われています。 4Cとは、Clore(色)、Cut(研磨技術)、Clarity(透明度)、Carat(重量)のことです。

カラーはダイヤモンドの色のことで、アルファベットで表され、グレードが高いアルファベットをDとしてZまであります。D、E、Fは無色 、G、H、I、Jはほぼ無色、K、L、Mは僅かな黄色、NからZにかけて黄みが増していきます。最低でもH以上、できればG以上が望ましいでしょう。

カットはダイヤモンドの研磨技術のことであり、また研磨技術のグレードを表します。研磨の種類は多様ですが、主流なのはブリリアント・カットでダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すカットとして知られてます。 研磨の種類を表すグレードはExcellent、Very Good、Good、Fair、Poorがあります。最低でもVery Good、できればExcellent以上が望ましいでしょう。

クラリティはダイヤモンドの透明度のことで、内包物や傷などの有無で評価が変わります。FL、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3で表されています。FLとIFは希少なので手に入りにくいため最低でもVS2以上、できればVS1以上が望ましいでしょう。

カラットはダイヤモンドの重さのことで、1ct(カラット)=0.2gです。カラットをダイヤモンドの大きさと勘違いしている方も少なくはありませんが、あくまでも重量のことです。ですが、重量はダイヤモンドの直径に関係がないとは言えません。 直径もダイヤモンド買取りには大きな影響を与えますのでチェックしておきましょう。

直径はカラット数によって標準寸法があります。それによると0.5ctでは5.17mm、1.0ctでは6.52mmとなっています。もちろん直径が大きいほどダイヤモンド買取価格は高くなります。

一定基準を満たすのダイヤモンドには鑑定書が付きますので、4C等の評価には鑑定書を確認してみましょう。これはダイヤモンド買取りの際にも重要な証明書となります。

Copyright(C)2014 ダイヤモンドのカッティング All Rights Reserved.