ダイヤモンドのカッティング

光で変わる美しさの芸術

サイト項目

ダイヤモンド買取の知識。半月状のフォルムでおしゃれの幅が広がる、ハーフムーンカット

ダイヤモンド買取の場では、ダイヤモンド買取の専門家が様々なダイヤを取引しています。ダイヤモンド買取店で多く取り扱うダイヤはラウンドブリリアントカットと呼ばれる、一般的に「ダイヤの形」として有名な形のダイヤですが、中には少し変わった形のダイヤがあるものです。例えば、ハーフムーンと呼ばれる、半月状のフォルムにカットされたダイヤです。半月状のフォルムを持つダイヤには独特の雰囲気があり、おしゃれの幅が広がるアイテムとなっています。

ダイヤモンド買取の場で多く見られるラウンドブリリアントカットは、ダイヤの美しさを引き出す理想的な形状として発明されたものです。一方、ハーフムーンはラウンドブリリアントカットとは異なり、個性的な形状となっています。ハーフムーンのように変わった形のダイヤは意外と多く、近年はダイヤの好みも多様化してきて、必ずしもラウンドブリリアントカットが最適な選択という訳ではなくなっています。

ダイヤの見栄えの良さの追及は歴史上、様々に行われてきたものであり、その形状も色々な物が考案されてきました。ハーフムーンもその内の1つであり、アクセサリーを飾るダイヤの形状として利用されるようになりました。

ハーフムーンの使い方の代表例として、他の宝石との組み合わせがあります。例えば、指輪を作る時は、中央に大きな宝石を設置して、その両脇をハーフムーンで飾るという方法です。この方法で宝石が配置された指輪は、豪華な見た目になります。ハーフムーンの形状と特徴とを上手く生かしていると言えるでしょう。

また、ハーフムーンはその独特の形状を生かしたまま、アクセサリーに取り付けられる事もあります。一風変わったダイヤとして独特の見栄えの良さがありますので、上手にファッションへ取り込むと、おしゃれの幅が広がるでしょう。

ラウンドブリリアントカットの見栄えは確かに素晴らしいものですが、「ダイヤの形」として一般的になってしまった為、見方によっては「普通の形」と取れるでしょう。しかし、ハーフムーンのように珍しい形状をしたダイヤは見た目が特徴的ですので、その印象は大きく違うはずです。

ダイヤモンド買取で取り扱うダイヤはラウンドブリリアントカットが多いものですが、こうした変わった形のダイヤにも、それぞれに個性と良さがあるものです。ダイヤの好みは人それぞれですので、人と違ったダイヤが欲しいという方は、ハーフムーンのような個性的なカットの施されたダイヤを選んでみるのも良いでしょう。

Copyright(C)2014 ダイヤモンドのカッティング All Rights Reserved.