ダイヤモンドのカッティング

光で変わる美しさの芸術

サイト項目

ダイヤモンド買取におけるダイヤモンドの波長と色の発散について

ダイヤモンドは、それが発する光の美しさやそのカットによる美しさなどで古代から権力者達の象徴として扱われてきました。また、ダイヤモンドは古代から現在でも希少性の高い物質で、限られた地域でしか採掘ができないため、ダイヤモンド買取の世界でも非常に高値で売買が行われているところです。ダイヤモンドはもともと鉱物として採掘され、採掘されたままの状態では、ただの石で、ダイヤモンド買取を依頼しても、加工されたものと比較してもかなり安値で売買がされてしまいます。

ダイヤモンドをダイヤモンド買取で高い値段で売るには、ダイヤモンドの原石にたいしていろいろな加工などを行う必要があります。ダイヤモンド買取でダイヤモンドの買い取り価格を大きく左右するのは、ダイヤモンドの光り方と言われます。一般的には、ダイヤモンドの重量であるいわゆるカラットが大きければ大きいほどその価値は高く、それがダイヤモンド買取における買い取り価格の上下に繋がりますが、それ以外ではダイヤモンドの光り方もその価格形成の一つとされています。ダイヤモンドが以下に光るかということや、何色に光るかということが、それを見る人の心や、ダイヤモンドをつける人の魅力を向上させるからです。

ダイヤモンドは一般的に無色透明の物質で、通常は光ったりしませんが、そのカットの角度や光の当て具合で何かの色に光って見えるケースが出てきます。ダイヤモンドをある規則によってカットして、光を当てれば虹色に光るケースもあると言われています。これは、カットされたダイヤモンドに光が入ると、入射した光がダイヤモンドの中で屈折しほとんどすべて表面に戻ってくるためといわれています。さらに、ダイヤモンドに入った光がダイヤモンド内で屈折するたびに紫色から赤色までの波長によって異なる光に分解されて出てくるためと言われています。特に、波長の短い赤い色と波長の短い紫色の光の屈折率の差が大きいことが、色の発散が大きいことにつながり、ダイヤモンドに光を当てたときに虹色を発色する原因とされています。

こうしたダイヤモンドの特長により、ダイヤモンド買取の世界で、それ以外の宝石と比較してもダイヤモンドが高い値段で買取されて、かつ、長い人類の歴史の中で、多くの権力者達や富裕層たちをひきつけてきたと言ったと過言ではありません。今後も、ダイヤはこうした特長を生かし、数ある宝石の中でも、人々を魅了する宝石の一つに位置づけられるといわれています。

Copyright(C)2014 ダイヤモンドのカッティング All Rights Reserved.