ダイヤモンドのカッティング

光で変わる美しさの芸術

サイト項目

ダイヤモンド買取,鑑定方法,査定ルール

ダイヤモンド買取に持ち込むときには、鑑定書や購入したブランドなどで付属してきたものをすべて一緒に持ち込むようにするといいということです。 箱や包まれていた布や書類、保存用の袋なども一緒に持っていくようにすると、査定のときに少し金額などに違いが出てくるので、きちんと購入したときのままで買取専門店に持ち込むようにするようにします。

ダイヤモンド買取をしてもらうときは、色々な買取サービスを行っているお店よりも、できればダイヤモンド買取のみを行っている専門店を探して、そこで査定をしてもらうようにしておくといいです。 ダイヤモンド専門の買取店だと経験値の高い鑑定士の方や専門の知識をもったスタッフの人が多いので、そのぶん、しっかりと査定ルールがあり、きちんとした鑑定方法で買い取ってもらえるという安心感があります。

そして、できるだけたくさんの買取店がある地域を選ぶようにしておくといいといわれています。 なぜなら、ほかのお店にお客様をとられないように、きちんとした金額を提示してもらうことができるからです。 激戦区なども地域によってはあるので、ネットなどで色々と調べてから、自分が納得できる金額を提示してくれるお店を探すようにしておきます。

そして、サイトなどであらかじめどのくらいのダイヤがいくらになるのか、という平均金額や買取価格などを書いているお店や、実績と経験値の高い鑑定士がいるというお店を探しておくと、信頼のある買取専門店をみつけることができます。

鑑定方法で大切なのは、専用の環境だといいます。 昼色光源と暗視野照明がきちんと整っているお店であること、そしてどんなものを今までに鑑定したのかという実績を知ることができるお店が人気です。

ダイヤモンド買取をしてもらうときには、そのお店の雰囲気や、環境、買取の工程などすべてを確認することができるところのほうが安心できるのでたくさんの人が訪れています。 そのぶん、鑑定士の知識もしっかりとしていることが多いので、ダイヤモンド買取の専門店に持ち込むようにするほうがいいのです。

実はダイヤモンドは親油性が非常に高い宝石だといわれています。 少し手で触っただけでも油分がついてしまい、その油分にほこりがついて固まってしまうと、査定をするときに正確な鑑定をすることができなくなってしまう場合もあります。 そんなときは、持ち込んだお客に許可をもらってからダイヤモンドのクリーニングを行ってから査定をする場合もあるということです。

Copyright(C)2014 ダイヤモンドのカッティング All Rights Reserved.