ダイヤモンドのカッティング

光で変わる美しさの芸術

サイト項目

ダイヤモンド買取店より丸い山形カットの宝石について

ダイヤモンドを含む宝石はカッティングの技術によりまして、その輝きと価値が大きく変化していきます。ダイヤモンド買取の専門店ではその価値を正確に見出す技術が求められており、当然ダイヤモンド買取の専門家達はそれらの知識を有しているわけであります。この宝石のカッティングについてなのですが、これは全般に言えることでもあるのですが原石を宝石に変えていく工程でありまして、カットの方法によりまして様々なカット名がつけられております。

代表的なカット方法としましてはファセットカットとカボションカットがありましてそれぞれ解説していきますと、まずファセットカットなのですが言葉の意味としましては「ファセット」が英語で小平面の意味がありますように、幾何学的にいくつかの小さい平面を組み合わせていくカット方法なのであります。この方法は最大限に宝石の持つ透明度を活かしたい場合に用いられる方法で、大きく分けますとブリリアントカットとステップカットの2種類がありまして、ダイヤモンド買取の専門店におきましても買取している宝石に良く見られるカッティング方法であります。

この中で代表的にはブリリアントカットが挙げられるのですが、これは主にダイヤモンドに使用されるカッティング方法でありまして、その輝きと透明度を最大限に表現できるように考えられております。このブリリアントカットはさらに細分化されておりまして、ラウンドブリリアントカットやオーバルブリリアントカット、オールドマインカットなどがあります。この細分化された中でも特にダイヤモンドで良く採用されておりますカット方法はラウンドブリリアントカットで20世紀を代表するカット方法でもあると言われております。

それからファセットカットにはステップカットというカット方法がありまして、これは宝石の外周が四角形にフォーミングされているカッティング方法を指しております。このカッティング方法はアールデコの時代には大変ポピュラーなカッティング技術でありました。そして、これらブリリアントカットとステップカットの両方の特徴を備えたカット方法がありまして、これはミックスカットと呼ばれております。

このカット方法は1960年代に誕生しました比較的新しいカット方法であるということになります。それからもう一方のカボションカットなのですが、これは宝石を丸い山形に磨き上げてフォーミングするものでありまして、ダイヤモンド買取の専門家にとりましても有しておく知識としましては代表的なものになります。もちろんダイヤモンド買取の専門家はさらにそのカボションの意味に関しましても必須でありまして、これは中世フランス語で「頭」を意味する言葉が語源となっているものなのであります。

宝石買取店にて様々なシェイプのダイヤモンドを取扱っております

更新情報

2016/12/07 ダイヤモンド買取店より丸い山形カットの宝石について

2016/10/25 ダイヤモンド買取,鑑定方法,査定ルール

2016/08/18 研磨機などの工業用途のある宝石はダイヤモンド買取に売れます

2016/08/08 ダイヤモンド買取の知識。半月状のフォルムでおしゃれの幅が広がる、ハーフムーンカット

2016/02/15 ダイヤモンド買取店より丸い山形カットの宝石について

2016/02/08 ダイヤモンド買取店より丸い山形カットの宝石について

2015/10/27 公園で採掘されたガーネットやペリドットもダイヤモンド買取に売却可能

2015/08/06 ダイヤモンド買取りでは直径が価値を決める

2015/06/09 ダイヤモンド買取店より丸い山形カットの宝石について

2014/06/30 ダイヤモンド買取におけるダイヤモンドの波長と色の発散について

Copyright(C)2014 ダイヤモンドのカッティング All Rights Reserved.